オンラインショップ V-Beauty
 〜美と健康の贈り物〜

佐藤農園2008年新米100%
宮城県七ヶ浜産
ひとめぼれ

お米を見て一目惚れ! 食べて美味しさに一目惚れ!宮城県特産品

今年は東日本大震災の影響で当サイトの宮城県ひとめぼれは品切れです。
「今年は、北海道産のお米で決まり!」

「ひとめぼれ」とは?

 昭和55年大冷害の被害実態から、試作されたのが昭和63年。
 この年は昭和55年以上に厳しい大冷害の年でした。
 この大冷害下でもひとめぼれは抜群の耐冷性を発揮したのです。
 ひとめぼれは冷害に耐える実力は抜群で、食味評価でも新潟の
 コシヒカリを上回るデータが多い米種なのです。
 お米を見て一目惚れ、食べて美味しさに一目惚れしていただき、
 皆様に愛されるお米にしていきたい、という願いを込められて
 『ひとめぼれ』と名付けられました。


生産地七ヶ浜


 七ヶ浜は、町の北と西を日本三景の一つ松島湾、東は太平洋と
 三方を海に囲まれた町です。
 海洋性のため温暖な気候と、海産物をはじめとする食物が豊富な
 町です。
 旧石器時代より先住民族が生活したと考えられており、海沿いに
 小集落が形成され、それらが発達して7つの集落が形成された
 ことから現在の町名の由来となっています。


「ひとめぼれ」の特徴

  味・粘りが良く、大粒の食感を味わえ、
 食欲をそそるツヤが印象的でササニシキ、
 コシヒカリに劣らないお米です。
 時間を経ても食味の変化が少ないのが
 特徴です。


毎日のご飯に

おにぎりに

炊き込みご飯に

お弁当に

生産者より

5年前に夢半ばで亡くなった、
おじいちゃんの口癖

「日本一の米を作る!」

  そんな夢を引き継ぎ毎朝4時から
  作業に没頭しています。
  稲作農家としては、決して大きく
  ありませんが、美味しさを追求し、
  ほとんど農薬を使用せず、昔変わ
  らずの作り方で、愛情たっぷりに
  育て上げた自慢のひとめぼれです。

佐藤農園NEWS
【10月13日】
天日干しにしていた稲を玄米に仕上げました。
今年は2年ぶりの収穫ということで例年以上の美味しさに仕上がっております。
どうぞ美味しい新米を召し上がりください。

【9月23日】
本日1回目の稲刈りが終了しました。
今年は2年ぶりの収穫ということでいつも以上の想いで収穫しました。
天日で乾燥させ仕上げに入っていきます。

【8月15日】
稲は1mを超えるまでに成長しました。
順調に成長しており収穫が楽しみです。

ただいま、品切れ中です。
今年は東日本大震災の影響で当サイトの宮城県ひとめぼれは品切れです。
「今年は、北海道産のお米で決まり!」